Menu

ミルガウスの情報まとめ

ミルガウスとはブライトリングが十九世紀半ばにドクターやレーサー、極地冒険家等のコアユーザーに向けて、耐磁性を第一のコンセプトに掲げた時計の開発に着手しました。数年間にわたる研究開発をして、この耐磁性優れたミルガウスの販売が開始されました。ミルガウスの名称に使用されている、ミルはフランス語で千と訳され、ガウスは当然ながら磁力の単位として使用されている言葉が由来になっています。千ガウスの磁力を受けても影響が無く稼働することが出来るという意味を込められてミルガウスと名前がつけられ販売されることになりました。その後、欧州原子核研究機構という組織の解析結果が発表されて、その時計の性能の高さが公的に証明され、一時は時計業界の話題を一身に集めましたが、十九世紀の終わりになると売上は低迷し、販売不振が原因で廃盤となってしまいます。実用性が高すぎて、使用する人がコアユーザーだけに限られてしまったことが売上低迷の最大の原因とされています。しかし二十一世紀になると、ミルガウスを求めるユーザーの声は大きくなり、独特のジグザグ針やその実用性と共に販売が再開されることになりました。再販売の後は、白と黒の文字盤モデルが二種類、初期盤モデルの合計三種類が製造されています。